こんにちは管理人の親父です。

夏の恒例番組といえば

24時間テレビ

ですよね!

その24時間テレビについて以前から
あるウワサ知ってますか?

チャリティーの名をかりた
愛は芸能人を救う!高額ギャラの
ドル箱番組だというウワサです。

えっ!!

matomame.jp
出典:matomame.jp

24時間テレビは芸能人という
認知度の高い人たちを起用して
チャリティーやボランティア活動を
世間に浸透させようとする立派な
番組なんじゃないの?

と、思われる方もいると思います。

親父自身も、24時間ずっと
観るわけではありませんが..

頑張ってるなと見入ったり
ウルッと涙腺がゆるんだり
障がいを持つ方の現状を知り
募金をしにいこうと思ったり

少しは関心を持って関わって
きていました。

確かに、お涙ちょうだい的で
偽善に満ちあふれた内容だと
思う時もあります。

実際はどうなの?

気になったので
今回のウワサのことを
調べてみました。

スポンサーリンク

チャリティーなのに高額ギャラ発生?

人によってはチャリティーと言うなら
ノーギャラが当たり前
という人もいますが

番組に出演しているのだからギャラは
発生しているとは思ってました。

思ってはいましたが、調べていくうちに
その金額があまりにも高額で
ビックリしました。

公式に発表されている
金額ではないので、その辺りは
ご了承下さい。

まず
「ギャラ」とは言わず「謝礼」
という名目で渡しているようです。

お金の出所は?
芸能人に支払われる「謝礼」が
皆から集めた募金によって支払われて
いるという人もいます。

その話しが本当であるなら
格好のネタですけど..
さすがにそれは無いですね(^^;;

そこまでの事をしていたら
募金詐欺とか騒がれて
39年間も番組を続けること自体が
無理な話しですよ!

では、どこから謝礼が出ているのか?

「事情を知るプロデューサー」
の話として、24時間テレビの
予算は総制作費が4億2000万円
CM収入合計が22億2750万円。
そのうち出演者のギャラと
総制作費を除いて赤字にならない
範囲で寄付に回すと書かれている。

という事なので、スポンサーの
広告料から支払われていると
考えるのが妥当ではないでしょうか。

“赤字にならない範囲で寄付に回す”
というのがいくらぐらいなのか
気になりますが..

制作費の3分の1以上がギャラに…
いや「謝礼」にあてられるという
話もあるので1人1人の金額も
相当なモノだと予想出来ますね。

では、非公式に流出してしまった
「謝礼」の金額とはいくらなのか?

メインパーソナリティをつとめた
嵐や関ジャニ∞などは 5000万円

マラソンランナーは 1000万円

総合司会の
羽鳥慎一 500万円
水ト麻美 500万円

最後のサライ担当の2人
加山雄三 200万円
谷村新司 200万円

その他
10万円~100万円

と..
週刊誌で書かれていますが
日本テレビは認めないですよね。

24時間 blogs.yahoo.co.jp
出典:blogs.yahoo.co.jp

これはもらいすぎでしょヽ(`Д´)ノ
この高額ギャラが本当なら
萎えるわ~~

自分達は一般の人の年収以上を
1番組で貰っておきながら
チャリティとか募金とか
ふざけんな!!

まず自分たちが「謝礼」を全額
寄付してみろよ!
って感じなんですけど。

特にカラオケ親父共が
最後の小一時間出演して歌って
200万円って何!?

ギャラの出どころを疑って
調べ始めたら、金額聞いて
落ち込んでしまいました..

その中でも明石家さんまの
話しが素晴らしいですね!
チャリティー番組に出演しようと
する人は見習ってほしいです!

高額ギャラを当たり前のように
もらっている芸能人!

涙流してテレビで
訴えかけるぐらいなら
自分のギャラを全て
寄付してみろよ!!

スポンサーリンク

24時間テレビの募金の使い道は?

24時間テレビ放送前から
受付を開始して
暑い中一般市民の人達が届けた
募金の金額は下記のとおりです

1978年 1,190,118,399円
1979年  727,657,482円
1980年  982,293,333円
1981年  885,191,232円
1982年  605,736,459円
1983年 1,036,578,114円
1984年  805,085,881円
1985年 1,013,429,697円
1986年  749,355,128円
1987年  885,465,365円
1988年  787,437,001円
1989年  662,211,879円
1990年  806,551,220円
1991年  883,192,270円
1992年  957,702,743円
1993年  853,389,423円
1994年  788,460,358円
1995年 1,056,798,341円
1996年  909,012,004円
1997年  960,303,779円
1998年  908,938,502円
1999年  877,487,670円
2000年  768,442,030円
2001年  846,047,659円
2002年  765,705,996円
2003年  776,638,125円
2004年  719,045,124円
2005年 1,000,346,999円
2006年  940,682,462円
2007年 1,015,442,574円
2008年 1,083,666,922円
2009年  951,081,316円
2010年  974,028,568円
2011年 1,986,414,252円
2012年 1,168,471,704円
2013年 1,545,226,444円
2014年  936,955,640円
2015年  856,728,209円
総額  35,667,320,304円

過去38回で総額約357億円
も募金が集まっています。

あくまで募金金額なので
ここには、Tシャツの売上や
スポンサーからのCM料などは
含まれていないと思われます。

では、何に使われているのか?

24時間テレビのホームページに
載っていますが、

①福祉
福祉車両の贈呈
障がい者スポーツ支援

②環境
清掃活動
環境保全活動

③災害復興
東日本大震災復興支援を始めとし
国内外の災害に対して義援金贈呈

などですね!

しっかりした所に
募金が使用されているようなので
少しは安心できました。

スポンサーリンク

24時間テレビの意味がズレてきてる?

かろうじて募金は意味あるものに
使われている事がわかりましたが
番組内容はどうでしょう?

ここ数年は24時間テレビが
放送されると

「偽善番組なんか観ない」

「こんな時だけ障がい者を使って
視聴率取ろうとするな」

「24時間かけてダラダラ歩くなら
24時間車椅子で移動して本当の
大変さを知ってみろ」

「手話通訳や字幕がないから聴覚障害の
 私には感動が伝わらない」

「24時間テレビやるぐらいなら
 パラリンピックを24時間放送して!」

など、ネット上は騒然とします
うなずける意見が多いですよね。

確かに番組構成が代り映えしません

・障がい者と一緒に頑張る芸能人。
・何故か意味も無く誰かが走ってる。
・泣かせようとするエピソードだらけ
・お涙ちょうだい感がハンパない!
・最後はみんなでサライ♫

あ~ムカムカしてきた..

100km歩けば1000万円ですよ!
その姿に何の勇気がもらえるのか?

そもそも勇気なんて
貰うものじゃなく
自分の中から絞り出すものだし!

ただ、その中でも2015年
V6の三宅健のエピソードは
素晴らしいと思いました。

握手会に聴覚障害の人が来て
そういう方たちと会話するために
自ら手話を学んだという
三宅健に惚れました!!

こういう気持ちがある人に
メインパーソナリティを
やって欲しいと思いますね!


メインパーソナリティを務めた
波瑠の過去!!
波瑠はセブンティーンモデルの頃ロングヘアーだった!

まとめ

24時間テレビの高額ギャラの話が
本当ならばチャリティーという
名を捨てたらどう?

芸能人はチャリティーを前面に
出すならギャラを全額寄付してみれば

障がい者からも偽善だと言われている
番組を観て勇気をもらえる障がい者が
いるのだろうか?

2017年のメインパーソナリティは
三宅健とV6で決まり!

三宅健の手話通訳付きで!!

いろいろ書いてきましたが
24時間テレビ放送前に日テレに
激震が走った事件もあったので

www.ntv.co.jp
出典:www.ntv.co.jp

今年(2016年)の24時間テレビは
代役を立て撮り直したドラマ観たさに
視聴率が上がるんじゃないですか?

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。


こちらの記事もオススメ!
24時間テレビ2016チャリTシャツ初の写真デザイン!歴代売上抜くか?
スポンサーリンク